矢沢永吉を支えた盟友達【作詞家/売野雅勇】

売野雅勇うりのまさお氏といえば1980年代中頃の日本の歌謡界で最も成功した作詞家と言っても過言では無いと思いますが、そんな当時の芸能界で引く手数多であった売野氏が、自ら売り込んででも作詞を請け負いたいと思っていたアーティストが矢沢永吉でした☆

その辺のエピソード等に関しては本記事の最後にリンクを張り付けておきましたので、そちらを御覧頂くとして

それで今回は、売野氏が手掛けた永ちゃん以外の楽曲で、尚且つ、氏と同様に矢沢永吉ファンが歌っている、関わっている曲に絞って、幾つか、この場で楽しんで頂きたいと思いますヨロシク☆

先ずはこの曲から♬

作詞:売野雅勇 作曲:芹澤廣明 編曲:萩田光雄

売野氏のキャリアで必ずといっていい程、最初に挙がる曲が、この♪少女Aですが

因みに歌っている中森明菜も熱心なYAZAWAファンなのは有名な話で、何でもアイドル歌手として絶頂期だった頃に、永ちゃんコンサートに行きたくてベストテンの出演をキャンセルしたなんて噂も聞く程です(笑)

また、この人は永ちゃんの♪チャイナタウンもカヴァーしておりますが、御存知の通り、この曲の作詞は売野氏では無いので今回は割愛させて頂きます☆

続きましてはコチラ♬

作詞:売野雅勇 作曲・編曲:芹澤廣明

この曲も売野氏の代名詞的な作品として、よく挙がりますけど、アイドル時代のチェッカーズのヒット曲の殆どは売野氏が作詞を手掛けた物です☆

また、藤井フミヤのYAZAWAなエピソードとしては、過去に全曲キャロルのカヴァー・アルバムをリリースしたり

また、これも噂ですけど、フミヤ氏は著名人の中で永ちゃんのブート(海賊版)を最も多くコレクションしているなんて話も聞きます☆

さて、次は東京JAPの♪摩天楼ブルースをお送りしたいと思いますが、このバンドのドラマーだったヤス赤坂、後に人気DJとなる赤坂泰彦氏も、かなり熱烈なYAZAWAファンで

ヤス赤坂

中学生の頃にキャロルのメンバー行きつけと言われていた新宿のオールディーズ・バー『怪人二十面相』に行ってみるも中学生故に中に入れて貰えず「力尽くでも入ってやるからな!」と強引に入店しようとして力尽くで追い返されたという武勇伝の持主です(爆)

赤坂泰彦氏公式Twitterより

作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀

さてさて、今回最後はラッツ&スターの♪め組のひとで〆たいと思いますが

ラッツ&スターのスタイルは永ちゃんの音楽性とは全く異なりますが、実は、このグループがシャネルズ時代に、あのリブ・ヤングにて、お披露目出演してた事実は意外に知られていない様で(つっても自分も昔、偶々テレビで観て知ったんですけど)その番組内で、当時はタレントとしてテレビにバリバリ出ていた田代まさしが「あのキャロルも、この番組(リブ・ヤング)から出てきたんですよ!」と力説しておりました(笑)

まぁ、ラッツ&スターの面々は十代の頃、相当ヤンチャしてた様なので、世代的に少なからずキャロルの影響は受けてたと思われますが、因みに、この曲に限っては売野氏が作詞家活動初期に名乗っていたペンネーム【麻生麗二】名義に成っております☆

作詞:麻生麗二 作曲:井上大輔

作詞家・売野雅勇氏 熱烈な「逆オファー」が実って書いた矢沢永吉の代表曲「素晴らしい男だなあ、と」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
「少女A」や「2億4千万の瞳」などの代表曲を持つ作詞家の売野雅勇氏(72)がYouTubeチャンネル「ラジオ川越チャンネル」にゲスト出演。日本を代表するロックシンガー、矢沢永吉(73)との交流を明かした。
DJ OSSHY TOKYOの未来に恋してる! | 大人のための音楽/エンタメ総合ウェブサイト otonano PORTAL
第53回【対談⑮ 売野雅勇 ×DJ OSSHY[後編]】
J-WAVE WEBSITE : MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY
【この人の哲学】売野雅勇氏 矢沢さんはちょっとした天使 | 東スポWEB
【この人の哲学(5)】リバイバルヒットしている「め組のひと」や中森明菜の「少女A」、チェッカーズ、矢沢永吉の数々のヒット曲で知られる作詞家の売野雅勇氏。今回は「流され人生」の売野氏が、唯一自ら動...
売野雅勇さんインタビュー | 日本テレビ音楽株式会社
数多くの大ヒット曲を送り出し、「少女A」、「最後のHoly Night」など弊社の管理楽曲としても関わりが深い作詞家・売野雅勇さん。
【作詞家・売野雅勇さん インタビュー <大ヒット曲の制作秘話>】 プロ作詞家・ プロ作曲家の時代 | NHK出版デジタルマガジン
女達のトラベリン・バス Anecdote of MARIKO (ハート)愛の唄
傷心の麻理子が親友、遥子に連れてこられた場所、そこは年末の日本武道館。誰もが知っている、あの【カリスマ・ロック・スター】の唄、そして生き様に魅せられた者達との出逢いを通して麻理子の人生の新たな扉が今、開かれる。笑いあり。涙あり。お色気あり(笑) ページから音楽、そして拍手と歓声まで聴こえてくるかの様な新感覚ノベル。著者...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました